物語の結末はいつもHappy End

IPO・M&A・財務・経営企画が専門で経理・人事もできる。今は高齢者福祉の会社に勤務中。Macを使って仕事ができるから幸せ。保護猫コタローと同居中。あと母親と兄貴もいるけど、家にいるときはネコ中心生活。緩い投稿多めだけど、誰かの役に立てると超嬉しい!

広告

PCR検査何回受けた?

僕は2回!w

1回目は8月

8月は糖尿病で入院しなければならず、院内感染の未然予防の観点からPCR検査が義務付けられていた。まずは入院する診療科ごとに時間が決められていて、僕は内科だったので11時に病院に来るように指示が出ていた。病院内のある1室に物々しい感染防護服を着た2人に検査員がいて、鼻の中へ綿棒を入れられてグリグリグリグリ。検査そのものはそれで終了して帰宅。陽性のときだけ連絡が来て、入院不可になるということだった。なんの連絡もなかったので陰性だったのだろう。これが1回目の顛末。

2回目は2日前

福岡県から住宅型有料老人ホーム宛に勤務者全員唾液によるPCR検査を受けるように指示があった。これが結構面倒くさくって、スマートフォンQRコードを読み取り、そのサイトから検査予定数を入力する。すると4日ほどで検査キットが届くって寸法。
検査キットは、検体収集用の容器、唾液に混ぜる薬剤、消毒綿、蓋を保護するシール、容器を入れる一次ポリ袋がバラバラに入ってきた。これをまずセットして、全員に配って唾液を採取してもらう。
最初に唾液を採取した人から2日間で全員の採取を行わなければならず、かつ採取後5日以内に検査機関に検体が到着しなければならない。住宅型有料老人ホームの勤務ってシフト制だから、2日間で全員が揃うのってなかなかない。2日間とも公休ってメンバーもいたので休日出勤してもらって採取した。
唾液は2cc取るように指示が出たんだけど、唾液2ccって大変なのよw5分ぐらいかかったように思う。黙々と自分の唾液に入れていくんだけど、鼻の中グリグリグリグリの方が楽だったかもね。
検体の集荷は日本郵便。検体の集荷って事前予約が必要で、前日に電話して時間指定したんだけど2時間も早く来られてしまった。いやいや全員分揃ってないしってことで、もうう一度来てもらうことになった。
話は前後するけど、全員の検体を二次ポリ袋に入れ、密封したところで写真を撮る、送られてきたダンボールにさらに詰め、シールで密封してこれも写真に撮る。撮った写真は予め検査機関にメールで送信して、何も返信がなければそのまま日本郵便に渡すことになる。集荷してもらったのが昨日の午後2時30分ごろ。
これも余計な情報だけど、自分の嫁でも恋人でもない人の唾液が入った容器を触るのって、もちろん消毒もされているしポリ袋にも入っているんだけど、ちょっと抵抗あった。

さっき検査結果がメールで来た!全員陰性!

すっごく早いよね!今日は土曜日なのに、めっちゃ頑張って検査してくれたんだと思う。全員陰性で良かった!
しかし陽性者がいたら、どうなっていたんだろう??住宅型有料老人ホームなんだけど、陽性者が出たときには、入居されている高齢者さんはどうっすることになったんだろうね???何か対策があったのかな???と、ちょっと不思議に思った。
ということで、本日の投稿は終了!

f:id:benzpapa:20210213232302j:plain

広告