物語の結末はいつもHappy End

IPO・M&A・財務・経営企画が専門で経理・人事もできる。今は高齢者福祉の会社に勤務中。Macを使って仕事ができるから幸せ。保護猫コタローと同居中。あと母親と兄貴もいるけど、家にいるときはネコ中心生活。緩い投稿多めだけど、誰かの役に立てると超嬉しい!

広告

闇金との対決(人事担当者としてやったこと)

前回の投稿で、ちょっとだけ「闇金」について触れた。今までに人事担当者として闇金と4度ほど対決している。ノウハウってほどではないけど、どんなことをやったのか備忘録的に投稿しておこう。

従業員が闇金から金を借りて返済が滞ると会社に起こること

  1. 会社に電話がかかってくる。もちろん闇金とか言うはずもなく大企業の名前を語るが、根が反社会勢力なので大企業の従業員が持ってるような品格はゼロだし、超無礼なので、すぐに怪しいと気づく。

  2. 「私(どちらかというとアタシに近いイントネーションで言い慣れてないことがわかる)◯◯銀行の〇〇と言いますけど、◯◯さん、いる?電話代わって(ぐらいの勢いw)」と言ってくる。友人を語って「同窓会の件で電話した」とか言ってくることもある、無礼なのでこっちも怪しいと気付いているし、昨今は個人情報保護もあるので本人に電話を変わることはない。「外出している」とか「今日は公休日」と応えるのだが、そうすると「折返し電話するように伝えて!電話番号は知ってるはずだから(ぐらいの勢いw)」と言ってくる。本当に品がない。

  3. 本人と面談。「品のない怪しい人から電話かかってきて、折返し電話しろっていってたけど、何か良くないことに巻き込まれてない?例えば暴力団とか闇金とか」僕は暴力団闇金の順番で聞くことにしている。実際に暴力団絡みだったこともあるので(それは別記事にしよう)、念の為この順番。さして違いはないけど、実際に暴力団を名乗るのって向こうにとってもギャンブルだと思う。脅迫一発刑務所行きなので、そのリスクを取ってまで名乗るだから腹が座っている可能性が高い。

  4. 1回の面談で本人はだいたい口を割る。

  5. ここからが時間との勝負!早く本人と家族を巻き込んで弁護士か司法書士のところへ行かせる。

  6. 本人は依願退職扱いということにして、ほとぼりが冷めるまで出勤停止にする(本人の不注意なのでもちろん無給)。時間的余裕がないときは下記「10」参照w

  7. 他の職員にも退職ということで即座に伝える。職員に伝える理由は適当でよい。

  8. もちろん本人が闇金に電話することはないので会社に電話がかかってくる。僕がすべての電話に出れればいいけど、そんなことはないので他の職員が電話に出ることもある。さっきの「退職を伝えた件」が活きてくる。「急ですが退職いたしました」で統一する。

  9. ただし(ここ大事)、本人の行動が間に合わなくて嫌がらせの電話がバンバンかかってくることある。例えば「おらー!」と凄んでくることもあるし、「寿司50人前食うか?(要は架空注文で出前を頼むってことね)」「ピザ100枚食って、お前ら全員死ね!」と言ってくるけど怯まずに毅然と丁寧な対応をする。そういうときのために電話を録音するレコーダーとか用意しておいたほうが良い。

  10. 具体的には「オタク様は雰囲気から察しますところ、表の仕事の方ではないように感じますが、いかがでしょうか?弊社は表社会で仕事をさせていただいておりますので、立場的に弱いことを重々承知しています。何か事を起こされてもオタク様への対抗手段がございません。ただし、本人を退職させることができます。この電話以降、当社と本人は無縁ということでご承知ください。当社宛に出前を頼みましても、その業者に対しまして事実を真摯にお話させいただいて、ご理解いただくように努力いたしますので、おおよそ無駄ではないかと存じます」と言って、相手の反応や返事を確認することもなく切ってしまう。ガチャ切りでも良いと思う。言葉は丁寧に態度は毅然とすることが大事だと思う。電話の場合、毅然とした態度を伝えにくいのでガチャ切りしている。どうせ、向こうは闇金でまともな連中ではないのでガチャ切りぐらい気にしていないと思う。ガチャ切りの効果は従業員向けが大きい。「うちの上司って、ちゃんと反社会的勢力と対決してくれるんだ」という安心感を与えていると思って良い。しかしながら、闇金は納得するはずもなく、凄む電話や無言電話がかかってくるので迷惑至極だが同じ対応を繰り返す。時間や回数を記録しておいて威力業務妨害で警察に相談してみるのも良い。

  11. 実際に警察に相談してみると。驚くほど親身になってくれないので、闇金以上に警察に腹が立ってくる。が、警察に通報することで事件として記録をすることができるので無駄ではない。ただし、ほぼ何もしてくれない。余談だが暴力団絡みでことが起こったときも何もしてくれなかった。一方で弁護士は朝親身になってくれるので、弁護士先生を大事にしたい。

  12. 弁護士や司法書士から闇金へ連絡してもらうと嫌がらせは終息する。弁護士から連絡が入る前に嫌がらせが終息することもあるけど、相当毅然とした態度をとらなければならず、結構エネルギーを浪費する。これで、ようやく一安心。

  13. ちなみに本当に出前が来てしまった場合だが、宅配ピザは事情を説明するとお金を請求されないらしい。多分、事故等にしてくれて保険でまかなえるのかもしれない。お寿司はケースバイケースらしい。いずれにしても、届いてしまったら(どうせ払える金額ではないので)誠意を持って業者さんと話をしてみることだ。

闇金との対決とか普通にイヤだから、そうならないためにもやっておきたいこと

こんなこと誰もやりたくない。立場上、仕方なく対決してきたのだが、相当ストレスが溜まるし、エネルギーの浪費にほかならない。そうならないためにも、普段から職員の行動をしっかりと観察して、悩みがないかとか、素行が荒れてないかとか、生活が派手になってないかとかに目を配って、しっかりと声掛けをすることが大切だと思う。

エピローグ

ことの発端はだいたい1万円から始まっている。1万円があっという間に2万円になり、4万円になり、8万円になる。10日も放置していたら、とんでもない金額で本人に詰め寄っていくので本当に時間との勝負だ。ということで、参考にしていただきたい。

1回だけ本人に確認する前に「あなた、裏社会の人でしょ?」と尋ねてみたことがある(上級者編w)。相手はあっさりと認めて「あんた、察しがいいね。慣れてるね。確かに裏社会のもんだよ。あんた、やることやるだろう。しかたねーな。もう電話しないから」で終わった。何が良かったのかわからないけど本当に終わった。でも、多分二度と通用しない気がするので真似しないでねw

f:id:benzpapa:20180108215631j:plain

広告