物語の結末はいつもHappy End

IPO・M&A・財務・経営企画が専門で経理・人事もできる。今は高齢者福祉の会社に勤務中。Macを使って仕事ができるから幸せ。保護猫コタローと同居中。あと母親と兄貴もいるけど、家にいるときはネコ中心生活。緩い投稿多めだけど、誰かの役に立てると超嬉しい!

広告

お名前ドットコムでMicrosoft 365を発注してみた(アフィリエイトでもなんでもない)

毎年5月はMicrosoft 365(旧Microsoft Office 365)の更新のタイミングになる。今年もそんな時期がやってきた。結構いいお値段するけど、仕事の必需品なので更新しないわけにはいかない。確かにGoogle Spreadsheetや、MacだからNumberはあるものの、やっぱりデータのやり取りはMicrosoft 365なのだ。特にお役所関係はこれでないとダメ。最近は電子申請も受け付けてもらえるようになったのだがMicrosoftドキュメントの独壇場だ。

たまたまだけど

このブログは「お名前ドットコム」で独自ドメインを取得している。僕は2つのドメインを持っているので、「期限でも確認しておこうかな」と思ってお名前ドットコムを開いたところ、「Office365」(今はMicrosoft365になっている)とかいうタブを発見してしまった。
f:id:benzpapa:20200512134444p:plain

詳しくはこちらのページで見てもらうと良い。(アフィリエイトではない)

https://onamae-office.com/lp/04/?utm_source=google&utm_medium=adw&utm_campaign=office&utm_content=1701&waad=VDcAaA9e&gclid=EAIaIQobChMIwJmg2MGt6QIV7cEWBR1f0giTEAAYASAAEgK0JvD_BwEonamae-office.com

なんとなく飛びついてしまった

毎年Microsoft 365 Personalの定期請求の契約をしていて、その金額は12,984円。1ヶ月あたり1,082円。これが最大860円になる!(と思っていたw)
おまけにPersonalはPCを2台、タブレット2台、スマートホン2台だが、お名前ドットコム経由だとBusinessになってPCを5台、タブレット5台、スマートホン5台までOK。お名前ドットコム経由だとBusinessでも個人契約OK。OneDriveも1TB付いているのでPersonalの契約と同じ要領で、これも文句ない。

「ええやん!w」

と思って、Microsoft 365 Personalの定期請求をキャンセルして、お名前ドットコム経由で申し込んだ。

ちょっとした勘違い…でも大きな影響はなし

まず金額。「最大860円で!」は税抜。つまり税込みだと946円。もともと月額で200円以上安くなると思っていたけど、まさかの消費税!さらに、長期契約だと当然ながら安くなったとしても12ヶ月分とか36ヶ月分とか金額が嵩張る。僕は12ヶ月契約にしたので860円ではなく、870円と消費税✕12ヶ月分をカード決済にした。1ヶ月あたり957円で125円しか安くならなかった。それでも安くなればい良いと思ったけどさ。
次に、今持っている個人のMicrosoftアカウントにMicrosoft 365のライセンスは紐付けられない(と思う)。僕が持っているのは個人アカウントだからそれにBusiness契約ができるというのは、イリーガルではなくてもイレギュラー感はある。ということで、新たなIDと初期パスワードをもらって、お名前ドットコムのMicrosoft365管理画面からライセンス登録をかけることになった。この手順は割愛するけど、「できなくはないけど」まぁ「ちょっとだけめんどい」。
次に、持っているMicrosoft365から個人アカウントをサインアウトして、新しいアカウントでサインインをする。PCとタブレットスマホ全部やった。IDもパスワードも自分で設定したものではないので、ここで「Paste」大活躍である。気持ちよくコピペ対応。
さらにOneDriveである。これはメニューバーのOneDriveアイコンから「新しいアカウントを追加」して、個人アカウントのあったデータ(結構GBあった)を、新しいアカウントの方に移動した。当たり前だけどデータが大きければ時間がかかる。このときOneNoteのデータは移行できないので注意してね。

エピローグ

ちょっとでも安いほうがいいから契約したけど、個人アカウントと紐付けできないのはちょっとだけ残念。Businessだから仕方ない。あとお名前ドットコムの管理画面で手続きが必要なせいで「お名前ドットコムに牛耳られてしまった感」はある。気にならない方はよろしいのではないでしょうか。

広告