物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

NEW 13インチ MacBook Proが 登場してMBA買ったばかりの僕の心境は

f:id:benzpapa:20200505214003j:plain

プロローグ

昨晩、NEW 13インチ MacBook Proが発表された。世界中のApple Watcherが今か今かと待っていたモデルの登場と言って良い。有名YouTuberはこぞって取り上げいてる。なので、スペックはそちらにお任せして、先月MacBook Airを購入したばかりの(特にお金持ちでもない)僕の心境は??ということで、いってみよう!

僕のファーストインプレッション

金銭感覚が麻痺しているわけでもなく「安い!」と思った。2016の13インチ MacBook Proモリモリを購入した経験から、本当に「安い!」。ゲームをする以外ではMacBook Proという選択は驚くほど高性能と言って良い。そして、意外と長持ちもするので、投資金額に対するパフォーマンスは「Good」と断定して良いと思う。

でもね f:id:benzpapa:20200505214837j:plain

僕の心は「風のない湖面のように穏やか」

まずは、MacBook Airで満足しているからというのが一番の大きな理由。MacBook Airは仕事で使う(動画を作成する仕事をしている人は除くよ)には十分すぎる。ParallelsWindowsを使うと「当然ながら」MacBook Airの動きはややもっさりすると思っていたけど、高速メモリーと高速SSDのおかげで、以前使っていたHP SPECTREと動きは正直変わらない。Windowsの起動に至っては爆速と言って良い。高負荷環境を強いられるはずだが最新型のMacBook Airはへこたれないのである。2016 13インチMacBook Proモリモリよりも間違いなく軽快に動いてくれている。そしてMBAの何気に良いところは「ファンクションキーがある」こと。僕はファンクションキーをメッチャ使う(ファンクションキーだけ考えるとMacBook Airの一択)。これがひとつめ。
次に、「期待していたほど高スペックではない」ことだ。誤解をしないでほしいのだが、NEW 13インチ MacBook Proのスペックは驚くほど高い。でも「期待していたほど」ではない。14インチではないし、外部GPUは付かなかったし、ミニLEDではないし、重くなった。お値段は安くなったけどね。発表を見て、ワクワクするほどの興奮の中、秋に買おうと思っていた16インチ MacBook Pro用の貯金を取り崩すほどではない。これがふたつめ。
ちなみに、2020 MacBook Airで動画編集をしているという女子YouTuberを紹介しておく。可愛い女の子なので、養女にほしいと思っている。


【MacBook Air 2020】MacBook Pro 2020と迷ってる人へ。動画編集5本の使い心地をレビュー(Final Cut Pro X)

f:id:benzpapa:20200505212100j:plain

世間の噂

秋に14インチが出るかもしれないという噂がある。根も葉もないものかもしれないが、そんなことを言いながら、去年は春の15インチ MacBook Proのアップデート後、秋に16インチを発表しているのがAppleという会社だ。あるかもね。

エピローグ

僕の友人の何人かは、2010年代前半のMacBook Proをメイン機として使っていて、とっくの昔に買い替えのタイミングを迎えている。今回のアップデートは悩ましいことだろう。「いつ壊れるかわからない恐怖(多分致命的に壊れないと思うけど)」と、「半年も待てばもっといいMacBook Proが出るかもしれない恐怖」の間で、どのように振る舞えばいいのか判断が付いてない。
そんな彼らに一言いいたい…「今、買っちゃえよ!w」

広告