物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

家猫修行中コタローの1日ルーティン

プロローグ

立派な家猫になるべく修行中のコタローの1日を追いかけてみる。 僕は休日しか追いかけられないのだが、夜以外は終日コタローと付き合っている兄に言わせると「ほぼ毎日同じ」らしい。

早朝

コタローの朝は早い。僕のベッドの上で寝ているので毎日起きだすのは知っていたのだが、ある日ちゃんと付き合ってみた。
早朝4時起床!そこから約1時間半は家の中のパトロールだ。普段は2階で生活しているコタローだが、この時間だけ1階まで降りてパトロールしている。1階には母が寝ているのだが、早朝から母の枕元に行っては「みゃおみゃお」と話しかけている。母からも声をかけているそうだが、それが伝わっている風ではない。我が道を行くのが猫の王道だ。
5時30分には僕の部屋に戻ってきて「みゃおみゃお」喋りだす。一応「朝飯」と言っているは分かっている。分かっているけど、その時間にご飯を出すか、6時まで待たせるかは僕の眠たさで決まる。しかしながら、結構うるさく話しかけてくるので、だいたい5時30分で朝食となる。
ご飯を2回に分けて食べる。これが謎。
最初の頃は1回でガツガツ食べて、ケロッとしていたのだが、最近は5時30分と7時前の2回なのだ。恐らく、野良猫時代は餌があると競争相手が多かったから(4匹ぐらい野良がいたらしい)、急いで食べないとなくなってしまっていたのだと思う。ところが、家猫になったら競争相手がいない。多分、コタローは競争が嫌いなタイプの猫なのだ。ゆったりと食事をされている。
1回目の食事が終わると、出かける準備をしている僕のところに来て、(なんとなくだけど)お礼を言っているように思う。もしかしたら、「美味しかった」とか「今日のはイマイチ」とか言ってるのかもしれないが、基本的には同じものを食べているのでお礼だろう。

朝食後から9時30分まで

家の窓からを外を観察する時間だ。多分、この時間はコタローのお気に入りの時間なのだ。 f:id:benzpapa:20200501130410j:plain 外を飛ぶ鳥に目をやり、車に目をやり、人に目をやる。2階住まいのコタローからすると見下ろすことばかりだろう。人間も猫も「上から目線」は良くない。謙虚が一番だということにまだ気づいていないらしい。

9時30分から16時30分

ケージの中の寝床で寝る。ひたすら寝る。 f:id:benzpapa:20200501130749j:plain

16時30分から21時

17時からコタローの晩御飯だ。その前に起き出すが餌の要求はほぼなし。逆にこちら側から「晩御飯だよ」と声をかけない限りは2階をウロウロしているか、ボーッとしているか。お気に入りの場所は兄のチェア。 f:id:benzpapa:20200405225607j:plain 兄曰く、たまにキーボードを打っているらしい。兄は最近ロジクールのちょっとお高めのキーボードを購入して気に入っていたようだが、早くも猫のものと諦めたらしい。

爪とぎの上で猫の本能を晒す

f:id:benzpapa:20200501131247j:plain コタローグッズの中で、一番購入してよかったものが「爪とぎ」。爪とぎに余念がないというか、猫らしいメロメロの姿が見られる。「またたび」が塗ってあるらしく、それがメロメロになる正体らしいのだが、とにかく爪とぎの上の猫らしいコタローが大好きだ。
爪とぎに乗っている間は、どこを触られても嫌ではないらしく、ほぼノーガード!猫ってあまりお腹を触っちゃいけないらしいので、そこは遠慮しているけどね。

21時:僕のベッド上で就寝

僕が2階にいると基本的には僕のそばにいてくれて、21時からは完全に僕のベッドで爆睡。
f:id:benzpapa:20200501132345j:plain 猫って本当に丸いよねww
時々、起きては体をナメナメしているが、長時間ナメナメすることはない。時々ちょっかいを出してみると(本当はいけないらしい)、ちょっかいを出した僕の腕をギューッと抱きしめてくれる。これが僕的には相当好き。「猫を飼ってよかった」と思う瞬間である。

エピローグ

恐らくコタローは平均的な猫だと思う。特別感はなにもない。しかし平均的なコタローが平均的な我が家に来てくれたことは、心から喜ばしいと思っている。これからも仲良く暮らしていきたいものだ。

広告