物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

F! 2018 イタリアGP 公式予選結果

イタリアGPが開催されるモンツァはアクセル全開率80%以上というF1カレンダー上の最高速サーキット。
フェラーリ ライコネン爆発的な速さでポールポジション。2番手も爆発的な速さだったけどライコネンに及ばずフェラーリベッテル。ついで3番手はメルセデスのハミルトン。
うん!フェラーリの速さは本物。他チームが見つけられていない秘密の抜け穴を探し出したんだろうな…というのがもっぱらの噂です。
さて、トロ・ロッソ・ホンダはガスリーが嬉しい誤算の9位。ハートレーは3人のグリッド降格ペナルティに助けられて16位。この差はいかんともしがたい。しかし、ハートレーはチームプレイに徹したことで株は上昇中。決勝は日本時間の今夜!
マクラーレンのバンドーンは予選走行最下位。これも3人のグリッド降格ペナルティに助けられて17番手だけどさ。やっぱり去年ホンダのことを悪く言ったバチが当たってるんだろうw
再就職先が決まりましたので通勤用の中古車を買いました。ホンダを応援している僕としてはやっぱりホンダでしょ。ということでN-ONEです(^^ゞ

1 K.ライコネン フェラーリ
2 S.ベッテル フェラーリ
3 L.ハミルトン メルセデス
4 V.ボッタス メルセデス
5 M.フェルスタッペン レッドブル
6 R.グロージャン ハース
7 C.サインツ ルノー
8 E.オコン レーシングポイント
9 P.ガスリー トロロッソ
10 L.ストロール ウィリアムズ
11 K.マグヌッセン ハース
12 S.シロトキン ウィリアムズ
13 F.アロンソ マクラーレン
14 S.ペレス レーシングポイント
15 C.ルクレール ザウバー
16 B.ハートレー トロロッソ
17 S.バンドーン マクラーレン
18 M.エリクソン ザウバー
19 D.リカルド レッドブル
20 N.ヒュルケンベルグ ルノー
では、また次回!

広告