物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

F1 2018 ベルギーGP 決勝結果

ほぼ24時間前の結果ですので完全に出遅れ感がありますが、お許しください。 f:id:benzpapa:20180827221307j:plain スタート直後にルノーヒュルケンベルグのブレーキミスから多重クラッシュ。来季のF1のシートには乗らないと決めたマクラーレンアロンソザウバールクレールを巻き込んでしまいました。アロンソのマシンがジャンプしてルクレールのコックピットをかすめる(というか当たってた)という、マジでやばいクラッシュだったと思います。

さて、そんな混乱した1週目から抜け出したのはフェラーリベッテルポールポジションだったメルセデスのハミルトンを交わして、そのままチェッカーフラッグを受けました。 3番手はレッドブルのフェルスタッペン。パワーが無いと言われるルノーエンジンを乗せていても、パワーサーキットで早いんだ…そんな感想です。
トロ・ロッソ・ホンダのガスリーは難しいと予想されたサーキットで9位。ハートレーは残念な14位でした。ハートレーは本当に持ってないな……ガスリーがトロ・ロッソ・ホンダのファーストドライバーなら、当然ながらハートレーはセカンドドライバー。そうなると、ガスリーのタイヤ戦略の裏(ある意味、保険)を取ることになって、それがことごとく裏目に出ているような気がします。かわいそうに(@_@)

では、また次回!

広告