物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

F1 2018 ハンガリーGP 決勝結果

f:id:benzpapa:20180730075851p:plain
メルセデスのハミルトン盤石の体制でポール・トゥ・ウィン!2位 にフェラーリベッテル。3位 フェラーリ ライコネントロロッソホンダのガスリーは今季ベストパフォーマンスの6位入賞。同じくトロ・ロッソハートレーは惜しくも11位で入賞ならず。

いくつか印象的なことを挙げておきますと、
1.ガスリーのベストパフォーマンスというのは、順位だけみると第2戦バーレーンGPの4位がありますけど、今回はトップのハミルトンに対して73秒遅れの6位です。70周で争われるハンガリーGPを考えますと1週あたり1秒遅いだけとなります。雨の中の予選とはいえ、Q3のラップタイムで2秒近く離されていたことを考えると大きな前進といえるでしょう。ただし、ここはハンガロリンク…全てのサーキットで通用するというわけでもないと思いますけど。

2.猛暑の中のレースで3位のライコネンはドリンクなしで走りきって3位入賞。過去にはドリンクが飲めなくなってリタイヤした選手もいたほど過酷な状況でありながら、レース後のインタビューでも普通に応えていました。もう超人と言ってもいい!ちなみにドリンクなしの原因は、エンジニアがドリンクのスイッチをオンにしなかったからとか。でも、そんな言い訳することもなくかっこいいと思いました。

3.レース終盤、メルセデスのボッタスは抜かれるマシンにぶつけまくりで、見ていてちょっとゲンナリな感じでした。ボッタスは早めにタイヤ交換したのでレース終盤は非常に厳しい状況だったと思いますけど、レースペースが全然違う状況はどうみても無理し過ぎかなと思いました。

ということで、波乱の起きにくいハンガリーGP でしたが、堪能できたと思います。予選のほうが興奮しましたけどね(^^♪

では、また次回!

広告