物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

BRIDGESTONE CYLVA F24を購入

プロローグ

今まで前にお買い物かごを乗せたミニベロで頑張ってきました。
f:id:benzpapa:20180625192706j:plain ここは福岡県芦屋町の夏井ヶ浜はまゆう公園です。我が家から往復32km。私が住んでいるところは1年中風が吹く海岸沿い。なので、こんな風力発電施設も近所。 f:id:benzpapa:20180625193056j:plain つまり向かい風の中でギアの選択肢の狭いミニベロでサイクリングするのは大変なのです。おまけにダウンヒルでビックリするぐらいにスピードが出ません(というよりミニベロで下りのスピードが上がるのは危険行為です)
最近は小倉へのお買い物もミニベロ。 f:id:benzpapa:20180625194743j:plain どうしても手が痛くなりますから、こんなカッコ良さげなサイクリンググラブも買いました。 f:id:benzpapa:20180625194834j:plain でも、もうミニベロでは満足できない体になってしまったのですw

折りたたみ式のミニベロはイオンバイクで購入しました

北九州市戸畑にありますイオンの自転車売場で購入しまして、金額は多分27,000円ぐらいだったと記憶しています。 お安かったのですが、ギア・コンポーネンツは日本が世界に誇るSHIMANO。ブレーキはどこか分かりません。結局、お安い自転車のどこがお安いかというと「パーツ」なんだと思います。お値段が上がるごとに部品の精度と耐久性も上がっていくのです。6年前に購入しましたけど、27,000円の元はとった自信があります。
このミニベロは、新しい自転車が来ても買い物専用機として(買い物かごも付いているし)頑張ってもらうことにしております。

そこでBRIDGESTONE CYLVA F24

f:id:benzpapa:20180625195642j:plain クロスバイクと言うやつです。ロードレーサーとマウンテンバイクのいいとこ取りをした自転車。これなら気合の入った服を着ることもなく、街中にも溶け込めそうです。色は白。僕って白を選ばない人なんですけど、一番意外性のある色を選んでみました。お値段は税抜き52,800円とバイク入門者にはちょうどいい感じ。それでもイオンとかで買うバイクと比較すると高めではあります。ただ、昨今の流行りの電動自転車に比べれば安い!安い!

CYLVA F24を選んだ理由

海外製の有名メーカーのバイクも考えました。この50,000円超えというのは激戦区らしく、各社力の入ったモデルが目白押し。一番選択肢が多いのかもしれません。次はロードレーサー(ドロップハンドルの付いた速そうな自転車)の100,000円超えなのかな。さて理由です。

  • ロゴが控えめ(この写真を見てもBRIDGESTONEとかCYLVAとか入っていない)
  • 近所の自転車屋さんのおいちゃんが勧めてきた
  • その近所の自転車屋のおいちゃんは、僕が生まれた頃から世話になっている人で、かつ僕が住んでいる行政区の自治会の超偉い人w
  • お値段、パーツ、その他の仕様のバランスが一番いい

正直な話、決め手は2番と3番なんです。200mぐらいしか離れていませんから、なんでも修理を依頼するのも便利。チャチャっとやってくれます。そして面倒見がいい。かつ町内会のお偉いさんですから…なんかいいことあるかもしれませんやんw北九州市ってそういう街なんですよ。 お値段、パーツ、その他の仕様のバランスと書きましたが、パーツはオールSHIMANO。そしてスタンドと鍵とLEDGERライトがついています。サイクリングの途中で雨が降り出すと嫌なのでドロヨケをオプションで付けてもらいました。カンペキ!

エピローグ

新しい自転車ってワクワクしますよね…新しいものは何でもワクワクするかwこれに合わせてアレコレ揃えましたので、それも順次レビューしようと思います。

では、また次回!

広告