物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

来年のF1にはレッドブル・ホンダ・レーシング(仮)登場!

今年のはじめにトロ・ロッソ・ホンダ誕生とともに言われ続けていたことですが、ついに最終決定しました!
マクラーレンとの提携以上の興奮です!(最初からうまくいきそうな気がしなかったけどw)
というのも、ホンダがF1に復帰したときのマクラーレンはすでに往年のチャンピオンチームではありませんでした、マクラーレンはもともと保守的でチャレンジを嫌う社風でありながら、ホンダとの提携時にはサイズ・ゼロ・コンセプトに挑み、ホンダもサイズゼロを成功させるノウハウもないのに乗っかってしまって共倒れ…これが真相だと思うのです。
というか、ホンダが第2期F1参戦中にターボからNAに変わり、セナを擁しながらもなかなか勝てなくなったマクラーレン・ホンダ。その時も、シャーシの空力性能が圧倒的に保守的で他のチームと比較しても低かったのにもかかわらず、セナに「パワーがない」と言わせてました。昨年まではアロンソに言わせていたのです。本性なんて、そんなに簡単に変わるわけないですよねw

今度はレッドブルマクラーレンよりも高い水準で要求が出てくるものと思いますが、ホンダもようやくサイズゼロの呪縛から逃れられて、本来の期待値に近づいてきていると思います。 これからもホンダを応援していきましょう!

っても、F1をテレビ観戦するにもお金を払わないといけないという現状では、日本のみなさんF1から心が離れたままなのかな( ̄(工) ̄)それも仕方ない。

では、また次回!

広告