物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

僕たち日本人がアロンソに期待していることと、F1のタイヤ交換時間が短くなった理由


【アロンソ】ストレートスピードの遅さを解決すべき、【バンドーン】「これが現状。予選パフォーマンスが足りない」

マクラーレンのストレートスピードが遅いことは今年に始まったことではなくて、去年までの3年間ずっとそうでした。

www.topnews.jp

それをアロンソマクラーレンの首脳陣は全てホンダのせいにしてきました。ホンダからルノーのエンジンに載せ替えても、ストレートスピードが上がることはなく、結果シャーシの問題であることが明らかになり、逆に言えばストレートスピードが伸びないことをホンダの責任にして、シャーシのバランスを改善するという努力を怠ってきたということでしょう。
僕たち日本人は、ホンダの責任もあったとことも認めて、同じようにマクラーレンのシャーシバランスの問題と合わせて、自分たちの総合的判断力が欠如していたことを謝罪してほしいわけです。

マクラーレンのシャーシ設計思想(サイズゼロというヤツ)がホンダのテクノロジーの実力を越えて(恐らく他のエンジンメーカーも対応不可能だと思う)要求してきたことで全体バランスが悪かったわけですが、今年のウィリアムズとザウバーの低調を見ても強いPUだけでは今のF1では勝てないことが明白です。 未だに、過去の自分の言動に対する反省の形が見えてこないアロンソはいかがなものかなと思いますよね。

これはビジネスにも言えること。過ちは誰でも犯しますが、その後の態度で人格が決まり、他人からの評価も決まるものと思います。

ここから加筆ですが、最近のF1のピットストップ時間が驚くほど早くなったと思いませんか? 「F1 タイヤ交換 早くなった 原因」という簡単なキーワードでググると出てきました。

bestcarweb.jp

たゆまぬ努力もあるんでしょうけど「給油か~」という印象です。よく給油に失敗して炎上したりしてましたから、安全上の配慮でなくなったのでしょう。
それと、ピットアウト時のシグナル方式ですが、なんとなく危なそうな気がします。初戦のハースの2台、第2戦のライコネン、第3戦のバンドーンとアンセーフリリースが連続しています。シグナル方式というのがセンサーに連動してグリーンになるタイプらしく、持っている人はセンサー上ではグリーンでも、安全上グリーンになるのを解除するボタンを持っているのだそうです。ロリポップ方式好きだったので、戻ってみるのも良いと思います。
大昔タイヤ交換禁止の時期があったんです。あれって…見てて面白くなかったwピットインするんですけど、タイヤの摩耗が進んだことによるセッティングの変更だけやるのです。ドライバーでチョイチョイって感じです。つまらんかったww

ということで、また次回!

広告