物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

僕が持っているMacBook Pro 2010 midのバッテリー

1.MacBook Pro 2010 mid

度々登場する僕の最初のMacであるMacBook Pro 2010 mid。購入して丸8年が経過しようとしています。

2.今までの修理歴

3年前にキーボードとTrackpadが反応しなくなり交換となりました。ただキーボードを交換するだけでTrackpadも調子を取り戻しましたので一石二鳥となり、その時の修理代は20,000円とちょっとだったと記憶しています。

3.自分でスペックアップしたのは

2年前にメモリーを4GBから8GBに増強。既に実店舗で手に入らない旧型だったためAmazonでの購入。ついでにHDD256GBで激遅だったのでSSD512GBに増強しました。
はっきり言ってOfficeで作業するぐらいなら余裕のスピードで動いてくれます。起動だけなら今時のMacBookと遜色ないかも。ちなみにCPUはCore2DUOですから今となっては時代遅れのCPUですが、意外と使えるということです。メモリーSSD交換でバックアップからの修復まで含めて3〜4時間ぐらいだったように思います。PCの基礎知識があれば簡単にできる感じでした。

4.しかしバッテリーはどうなのよ!?

まずはMacBook Pro 2010 midのバッテリー寿命を調べました。下記ページの下の方に「充放電回数の上限」が記載されています。

support.apple.com

スクリーンショットを貼ってみましょう。 f:id:benzpapa:20180409221944p:plain 1,000回です。

では、MacBook Pro 2010 midの今までの充放電回数は……
f:id:benzpapa:20180409222637j:plain
ん???丸っと8年経過しようとしているMacBook Proの充放電回数が…
「237回」!!!
おまけに
「正常」!!!

5.エピローグ:8年も経過しているのにバッテリーが元気な理由は

恐らく、持ち歩く回数が少なく、電源に繋ぎっぱなしで給電し続けているからだと思われます。
あと3年ぐらいは使えそうな感じですけど、問題はMacOSです。MacBook Pro 2010 midはHigh Sierraに対応している一番古いMacになりますので次のOSのアップデートには対応しないでしょう。OSのメジャーアップデートに対応しなくても使えそうですけど、セキュリティが確保されるのかが問題だと思います。
今のところMacBook Pro 2010 midはiPhoneiPad Proの母艦ですので仮に使えなくなっても痛手は少ないです。セキュリティを考えるとあと1年ぐらいなのかもしれませんね。まだまだ大事に使って行きたいところですが、その時が来たら諦めましょう。

では、また次回! f:id:benzpapa:20180409224710j:plain

広告