物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

2018年 F1 第1戦 オーストラリアGPを終えて、気持ちが冷静になってきたw

プロローグ

今となってはかなりの人が興味を持ってないと思いますが、自動車レースの2018年F1が開幕しました。非常に歯がゆい思いのオーストラリアGPを終え、ようやく冷静になってきたところです。そこで、トロ・ロッソ・ホンダに対する思いを残しておこうと思います。
今回、いろんなことを細かく説明していません。突然 専門用語が連発されますので、ご承知おきください。

トロ・ロッソ・ホンダ第1戦オーストラリアGPの結果

ピエール・ガスリーはMGU-Hのトラブルでリタイヤ、ブレンドン・ハートレーは途中までタイヤに問題を抱えていて15台完走の15位。2台リタイヤのハースに比べればまだマシな結果かもしれませんが、ハースはマシンの調子は良くて人的ミスでのリタイヤですから、マシンの基本性能の低さが出たものなのか?と思ってしまいます。やっぱり、ずっとパワーのないエンジンメーカーと下位グループ定着気味のチームの組み合わせでは奇跡は起こせないのか???

オーストラリアGPのコース

今回の結果で言うと、圧倒的な速さを持っていたはずのメルセデスのハミルトンがバーチャルセーフティーカーのいたずらで2位に落ち、1位にあがったフェラーリベッテルを抜くことができないままに終わりました。アロンソが5位でしたが、どう考えてもアロンソより速そうなフェルスタッペンの追撃をかわしている。フェルスタッペンは「僕がテレビの視聴者なら、こんな(追い抜きの少ない退屈な)レースは途中でチャンネルを変える」と言っています。ということは「誰もが認める追い抜きが難しいコース」であることは間違いないのでしょう。ひとつのミス(それはドライバー、ピット、マネジメント含めて)で順位を落とすと挽回できないコースなのだと思います。

トロ・ロッソ・ホンダ

まずはマシンで言うと先にも書いた通りパワー不足のエンジンメーカーと下位グループ定着気味のチームの組み合わせは普通に考えると良くないです。
まずはホンダ。ホンダというメーカーは立派なメーカーなのですが、F1というカテゴリーに対して出たり入ったりを繰り返した会社です。他のカテゴリーはずーっと参戦しっぱなしで、参戦しっぱなしのカテゴリーでは立派な成績を残しています。F1に限らず成功しているメーカーは「参戦しっぱなし」が最低条件。僕のブログでも書いたように「継続はプロフェッショナルの最低条件」なのです。

www.happy-end.club 2021年のF1エンジン仕様変更(予定)が本当のスタートラインなのかもしれません、今のV6シングルターボ+ERSではもう他のメーカーに追いつけないのかもしれない。それが「継続」をしなかった代償だと思います。それでも信頼性もパワーも伸びていくでしょうけど、他のメーカーも伸びるでしょ。よく使われる言葉ですが「停滞は後退に等しい」ということです。
次にトロ・ロッソ。下位グループは、ある年に突然戦闘力のあるマシンを開発します。そして、ある年に突然戦闘力を失い、それが数年継続する。今では同じく下位グループ定着気味のウィリアムズは途方もなく強い時期があったのです。その条件は優れたデザイナーかエンジニアだと思います。チームに1人の天才いればいい。それはなかなか高いハードルですが、トロロッソのジュームズ・キーの才能を信じるしかありません。彼はレースの記録係からテクニカルディレクターまで出世してきた人間です。努力の人なのか?天才なのか?まだ未知数だと思います。
ピエール・ガスリーブレンドン・ハートレーの2人は昨年の後半からチームに加入したほぼ新人ドライバー。メルセデスのハミルトンは2007年からこのコースを走っています。ハミルトンはそのレースで3位入賞していますが、今とは違うレギュレーションだし、当時上位グループ常連だった頃のマクラーレンですから、一概に比較するのも難しいかもしれません。いずれにせよ2人にとっては不慣れなコースと低い戦闘力のマシンと経験の浅いドライバーであったことは間違いありません。さらに「抜くのが困難なコース」なのです。冷静に考えれば、当然の結果かもしれません。

レースの敗因

1.2人のドライバーともにミスを認めている
ガスリーはMGUーHの故障がリタイヤ原因ですが予選でのミスを認めています。ハートレーのタイヤ問題もブレーキミスと縁石にヒットしてボディが壊れたことによるタイヤへのダメージとダウンフォースの欠如だと言っています。また路面の変化が予想以上に大きかったとコメントしています。そうは言っても、タイヤはピレリが今年から少し変更しているようですが、それでも全チーム同条件なので、明らかに経験不足でしょう。
2.MGU-Hのトラブル
これは意外と大きなショックを受けているでしょう。バルセロナでのテストで「MGU-H」に問題はありませんでした。推測ですけど、ホンダは部品の外注率が高く、その精度が他のエンジンメーカーと比較すると低いのではないかと思います。間違いなく2016年シーズンまではそうだったと思いますし、昨年も精度があがったとはいえ他のメーカーより低かったように思います。シャーシ側の排熱問題とも言われますけど絶対的パワー不足はシャーシ側の問題とも言えないように思います。「想定外のトラブル」だというのが気になります。というのも病気の人を思い浮かべてください……「想定外の病状」が一番やっかいなのです。「想定外」が良くないのは人体とマシンの共通点ですね。早く原因を究明してもらいたいと願っています。

これからの期待

冬期のバルセロナテストから比較的好調を維持してきた中、トロ・ロッソ・ホンダのファンからすると満を持してのオーストラリアGPでしたから、天国から地獄へ落ちた気分の人が多く出たと思います。特に昨年までのマクラーレンアロンソのホンダバッシングで日本人は気分を害している人も多いはずです。「そこまで言わなくてもいいじゃん」と思っている人ばかり。その「マクラーレン憎し!アロンソ憎し!仇を取る!」ぐらいのところでのバルセロナテストとオーストラリアGPですから、気持ち分かります。僕も同じ気持ちです。でもこれからの期待を考えると、初戦がどん底で良かった。これで過度な期待は吹っ飛んだのです。確かにバルセロナテストではデータを揃えたでしょうけど、ホンダはトロロッソへの1チーム供給で他のエンジンメーカーは3チーム供給ですからデータ量は3分の1なのです。僕らファンが持つべきなのは「冷静な頭脳と熱いハート」ですよ!まだまだ逆風が続くと覚悟した方がいい。
しかーーーし!!ここで大事な問題!ファンを継続するのか?継続しないのか?
貴方は「プロフェッショナルなホンダファンですか?」と!? 繰り返しますが「継続はプロフェッショナルの最低条件」です。継続するしかないですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

エピローグ

気分だけで書いてしまって申し訳ないです。今年のF1シーズンが開幕するに当たり、相当な情報を仕入れて頭の中を整理しました。それを吐き出さないと、今の低空飛行なF1人気では話を聞いてくれる人もいないんですよね^_^;

では、また次回!

広告