物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

一般ゴミの不法投棄:北九州市役所の素早い対応

1.プロローグ

ゴミを収集場所でもないところに捨てていく輩が出まして、行政に相談しましたところを備忘録的に記事にしておこうと思います

2.ダンボー

実は数ヶ月前から1ヶ月に1度ぐらいのペースで、我が家の前の街路樹の植え込みにゴミが捨てられています。だいたい家庭から出る一般ごみ。北九州市指定のゴミ袋に入れるはずもなく、普通のスーパーのレジ袋に入れて捨てている感じ。そこはもちろんゴミの収集場所でもなく最終的に我が家で処理しなければならず迷惑していたところです。
そして、今回はダンボールの束。Amazonやらヨドバシ・ドット・コムという通販系のダンボールですが、見ると配送伝票が剥がされていますので、明らかに悪意をもってやったに違いありません。さすがに今回は行政に通報することにしました。

3.まずは警察

管轄の警察署へ電話しました。一般ゴミの不法投棄が半年ぐらい続いていることと、いつもは家庭ごみだけど今回はダンボールであること、公道上であることを伝えたところ、警察の回答は以下の通りでした。
「一般ゴミの不法投棄だと警察は動けません。警察が動けるのは産業廃棄物の不法投棄です。一般ゴミですと市役所に相談してみてください。」とのこと。ところが5分ほどで折返の電話がありました。「交番の警察官を行かせます」ということで対応してもらえました。

4.警察到着

駅前交番の若手警察官が来て不法投棄のダンボールを見て言ったのは、
「配送伝票が貼ってあって不法投棄の人間が特定できれば『次からは止めてください』ということが言えるんですけど今の状態では手を出せませんから、月曜日になったら北九州市に電話で相談してみてください。『警察にも相談して来てもらいました』と言うと、市役所も緊急だと思ってくれるでしょう」ということでした。

5.市役所へ連絡

どこへ連絡してよいのか分かりません。ゴミのことを書いてあるサイトがありましたが、担当部署名がないので仕方なく代表へ電話しました。2箇所回されましたが。そのたびに「電話が切れるとお困りでしょうから、担当部署の電話番号をお知らせしておきます。その後おつなぎします」という丁寧な対応。北九州市役所内のこの対応は神です。あちこちの行政に電話しますが、これを徹底できているのは北九州市役所だけです。担当に変わって、 「すぐに現地調査しましょう。確認後の北九州市の対応について連絡します。」ということでした。

6.1時間後には市の職員さんから電話

僕が連絡した1時間後に見知らぬ携帯電話番号から着信がありました。 「北九州市の○○です。現地確認しました。不法投棄ゴミに「不法投棄ゴミ」という貼り紙をしました。複数回に渡っているということでしたから、目標物に「不法投棄調査中」という垂れ幕をしています。概ね1週間そのままにしておいてください。1週間後に垂れ幕とゴミを回収して様子をみてください。また不法投棄が発生したら、次は区役所の「まちづくり整備課」に相談してください。申し送りしておきますから。」
帰宅して家の前を見ると、派手に目立つ「不法投棄調査中」の垂れ幕がありました。先日の騒音のときと同じで、市役所で「できること」と「できないこと」はありますが、対応の速さはありがたく思います。もっと市民税を払ってもいいかな……

7.エピローグ

最近の我が家は後ろの解体工事騒音、前のゴミの不法投棄とついていませんヾ(。>﹏<。)ノ゙ただ、行政の皆さんには素早い対応で感謝するばかりです。北九州市って良いところですよ^^

広告