物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。+少しの思いと、少しの写真と、少しの持ち物

広告

るるぶ北九州市

f:id:benzpapa:20180206224705j:plain

るるぶ北九州市

この雑誌は北九州市へやってくる旅行者よりも北九州市民が買い求めると思います。 事実、この本は北九州市内の本屋さんで購入したのですが、本にクジとおまけのボールペンがつきました。そのこと自体北九州市民向けを鮮明にしています。

本の中身

思った以上に充実しています。自分たちが住んでいる街の良さを伝えるために有効な本だと思います。 見どころ、食文化、季節の催しがきちんと抑えられている。

本を眺めれば眺めるほど、北九州市の抱える問題点が頭をよぎります。 最初に戻りましょう。この本は北九州市民向きで旅行者向きではない。そして北九州市に観光に来る人がどれだけいるだろう?
北九州市が観光において慢性的に抱えている問題は、北九州市に宿泊する観光客が驚くほど少ないということです。
京都、神戸、横浜、長崎といった観光地と北九州市の違いをきちんと精査して、その差を埋めていくことで、北九州市に宿泊してくれる観光客を増やす方策を考え出さなければならない。
その道筋のひとつとして、観光エリアと宿泊エリアを明確に分けてしまうとかね。門司、小倉、八幡を観光したら若松に泊まってもらう。
これは何故かと言うと、海産物が一番豊かのが若松エリアだからです。夕食に海の幸を堪能してもらうことで、宿泊の付加価値を上げる。
おまけに若松の北海岸は非常に美しい夕景が見られるところ。曇ったり雨が降ったりすると残念ですけど、そこは食事でカバーするとしましょう。

こんな風に、自分の故郷への思いを膨らませる材料がしこたま掲載された本だと言えます。
これを手に入れたので、だれか親戚でも遊びに来てくれないかな???と期待しているところでした。

では、また次回!

広告