物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

ファイナルカットプロXで「光の祭」の動画を作成しました

昨日は証券マン時代の同期入社だったKが九州に来たので、九州の美味しいものをご馳走しようと思い、佐賀県呼子町へいか料理を食べに行きました。行ったのは加部島にある「いか道楽」。

www.ikadoraku.co.jp

f:id:benzpapa:20180107201419j:plain

きれいに透き通ったイカです。Kが言うには「茹でてないんだね」…そうか、こういうイカってあまり食べられないんだなと思った次第。刺身をいただいたあとにゲソを天ぷらにしてもらって、非常に満足しました。
「いか道楽」のいいところは、少人数からインターネットで予約できること、加部島にあるので呼子大橋を通っていくことになり美しい風景も楽しめること。次もここに行こうと思いました。おすすめです。

その後、Kを佐賀県有田町で降ろして、私は国道を通って福岡市へ向かったのです。
目的はこちら。 f:id:benzpapa:20180107201900j:plain 「チームラボ 城跡の光の祭」
ネットやニュースで知ったいたのですが、住んでいる北九州市と福岡市は約70km離れていまして意外と遠いんです。関東の人に伝わりやすいのは、箱根駅伝の大手町と平塚中継所+10kmということでいかがでしょう。

動画を紹介する前にひとつだけ。イマひとつ楽しめませんでした。それは足元が真っ暗で常に下を確認をしながら歩かなければならないので、そこに神経が使われてしまい疲れます。そして、プロジェクション・マッピングに触ると動画が変化するらしいのですが、子どもと親が触りに行って大きな影を作ってしまうのです。子どもには罪がありませんが、企画として「そこまで凝る必要があったのか」と思いました。お小言はこのぐらいにして動画です。


20180106光の祭

ファイナルカットプロXは相当に難しい。「iMovieAdobe Premiere Elementsすらマスターしていないのに」とも思いましたが、今から触っておかないと、いつまで経ってもマスターできません(^^;
iMovieのほうが動画編集ソフトとしては下位アプリになりますので間違いなく扱い易いです。自分でもiMovieで作ったものよりも幼稚なものが出来上がってしまったと思います。ちょっと反省していますけど、始めたことですからファイナルカットプロXもこれから頑張ってマスターしていこうと思います。

ということで、また次回!

広告