物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。Amazonに飛んだりするけど、アフィリエイトとかしてないのでご安心を!

12月1日から京都へ

50歳になったから

京都へ行こうと思った。大学4年間は大阪住まいだったので、京都は目と鼻の先。4回ばかり歩いていったこともある。(ちょっと疲れたけどね)。なので特別な意味はないのだが、京都へ行ってみようと思った心境を書いておこうと思った。

JR西日本は50歳になると安い切符が買えるんだ

JR西日本おとなび
僕が住んている北九州から新大阪まで最安値6,000円以下で行けるのだ。これいいよね。長生きはしてみるもんだ。のぞみを使っても10,000円そこそこ。安い!
切符が安く変えるというのが一つ大きな理由ね。

買い物したいんだよね

一澤信三郎帆布
25歳ぐらいからの付き合いなので、かれこれ4分の1世紀になる。長生きするとさ…単位が変わってくるんだよね。この世に生まれてきて半世紀だしさ。
今年になって、10年ぐらい前に買ったカバンを廃棄してしまった。つまり、カバンの書い直し!これが2番めの理由。

紅葉も見れたら見たい

タイミング的には散ってると思う。散っててもいいんだ。「12月の散った紅葉」を見に行くのがテーマなんだからね!木についたままの紅葉は、来年どストライクの時期に行けばいい。でも12月の頭に行くのは、人生でこれが最後かもしれない。 来年以降のカレンダーを見ていないけど、次の12月1日金曜日が来る年には生きていないかもしれないもんね。 ただ生きたいと思っていたお寺が平成31年3月まで拝観中止なんだよね…軽くショック。それもこのブログを書いている時に気付いちゃって、どこで立ち直れるのか分からん感じw

でも頑張っていってくるよ

他にも見どころはたくさんあるしさ! (この写真は京都ではありませんw)