物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。Amazonに飛んだりするけど、アフィリエイトとかしてないのでご安心を!

2018年の手帳

候補

  • ほぼ日手帳 weeks 週間レフト トモエリバー
  • ジブン手帳 mini 週間バーティカル トモエリバー
  • ジブン手帳 Biz mini 週間バーティカル MIOPAPER
  • ほぼ日手帳 オリジナル 1日1ページ トモエリバー

トモエリバーやMIOPAPERは使用されている紙のことだ。 この4種類から選ぶことにした…んだけど…えぇ…買いましたとさw
散財とも言えるけど1年間共に戦っていく手帳なので、ちょっとしたことで「こんなはずじゃなかった!」ってなりたくない。つまり、使う手帳を決めるというよりも、使わない手帳を決める作業が年内ってことだと思うのだ。

11月と12月ってさ

新しい手帳を使い始めることができる。つまりお試し期間のスタート。物によっては12月からだけど、ほぼ日手帳は毎年使っているので、今更お試しする必要もない。ということで、お試しの重要なポイントはジブン手帳だ。

ジブン手帳 mini

写真は載せないけど、自分の好みに合うところと合わないところがあって(当たり前だけど)、合わないところは「Life」っていうページというか冊子があって、これを書き込むのが面倒くさい。ただ、一度買いてしまえば「Life」だけ次の年に使い回しが効くので、その一度を我慢すればいいとも思う。あと何気にトモエリバーが合わない。もう10年ぐらいほぼ日手帳を使っていて気に入っているのだが、実はトモエリバーって筆記具を選ぶ紙だと思っていて、ちょっとしたことで裏写りしたり、滲んだりする。ということは紙に合わせて筆記具を用意しないといけなくて、何気に苦痛だった。筆記具を探す長い漂流(旅ではなく漂流ね)みたいなもので、実はいまだに正解をみつかっていない。本当は普通の黒インクの万年筆と黒インクのボールペンを使いたいんだけど、透けるし滲むし小さく書けない。ただし、週間バーティカルのレイアウトは大好き。自分の生活スタイルと間違いなく合ってる。

ということは

そこでジブン手帳 BIz miniである。なぜかというと、トモエリバーではなくコクヨオリジナルのMIOPAPERが使われているのだ。手帳には名前を書く場所が確保されているので、そこに試し書きをしてみたところ、大変良い感触だった。
「これだ!」と思った。

では、ほぼ日手帳オリジナルは?

譲ろうと思っている。これにはEvernoteが大きく関係しているのだが、ここ3ヶ月ばかりEvernoteにライフログを残していてガジェットを選ばないので大変使いやすい。またデジタルらしく検索性の高さも気に入っている。ほぼ日手帳オリジナルを買ってしまったものの、例年のほぼ日手帳の使い方だとEvernoteがそのポジションを担ってしまったわけだ。

今、私が考える手帳の役割とは

一言で言えば「道標(マイルストーン)」だと思っている。日々起こったことを、書いたり切ったり貼ったりすると見返した時に驚くほど楽しい。単なる日記や記録以上の価値があるのは認めるが、今の私に必要なのは「未来を示す道標」なのだ。おそらく、それはデジタルでは完遂できないと思う。ゆらゆらと曲がりくねったり、時にまっすぐな直線だったり、道標を書き記した時の気持ちが線に現れ、時間の経過とともに修正されたり、書き加えられたり、太くされたりすることだろう。
これからもアナログの手書き手帳とともにいきていきたいと思うのだ。