物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

EvernoteとOneNote -2

Evernoteプレミアム使ってるけど

実はそれほど多くの恩恵を受けてるわけではない。最大の恩恵は端末制限が外れることだろうか。全部のパソコン・モバイル端末でEvernoteが使えるわけで、これはサブスクリプションプランでないとできない技だ。プレミアムで月間容量が幾らになるのか覚えていないけど、覚えていなくても困らないぐらいにしか使っていない。

 

活用できていないのにサブスクリプション

正直に言って、Evernoteプレミアムは端末制限がないこと以外は僕にとってオーバースペックだと思う。それでもサブスクリプションにするのは、無料プランがあまりにも使えないからにほかならない。

 

そこでサブスクリプションの整理というわけだが

Microsoft Office 365 soloにはOneDrive1TB付いてくる。私にとってOfficeはあらゆるソフトウェアの中で最優先ソフトである。何がなくてもOfficeだ。そして1TB。ここでOneNoteである。理論上、私にOneNoteの容量が1TBということである(実際にはそうはならないと思うけど)。そして端末制限はない。OneNoteにはもうひとつおまけがある。手書きメモに向いているのだ。以前、紹介したNotabiliteyは買い切り制でアップル製品であればMacでもiPadでもiPhoneでも使えるが、Windowsでは使えない。MacBookが主力だった時にはiPadを持ち歩かなくて良いという意味でNotabiliteyは活きた。しかし、会計ソフトがWindowsのみという環境で、主力をWindowsに移行した現在、iPadも持ち歩かなくてはならないというジレンマに陥っている。かつEvernoteの手書きメモはかなり使い勝手が悪い。その点でもOneNoteは圧倒的に良い。

 

優先順位を整理すると

  1.会計ソフト  

  2.Office  

  3.note系アプリ

こう考えるならば、OneNoteは立派な選択肢だと思う。優先順位第2位にお金をかけるのに、第3優先順位にお金をかけなくても良いということだ。

 

それでも二つの課題を抱えているんだけどね

ひとつはEvernoteプレミアムを3年契約してしまったこと。正確にはソースネクストで安かったのでプレミアム3年パックを購入してしまったので使い切らなきゃいけないってこと。そして、OneNoteの同期が不安定ということである。  

たかがメモアプリなんだけど、なかなか難しいよね^_^;