物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。Amazonに飛んだりするけど、アフィリエイトとかしてないのでご安心を!

CARROZZERIA DEH-7100−2

f:id:benzpapa:20170722152431j:plain

2017年7月22日

今日は午前中から散髪に行って、その後文房具屋さんへ。 と言っても、昔ながらの小学校前の文房具屋さんというのは減ってしまった。ロフトや東急ハンズのような巨大雑貨&DIY店か、中小企業向けの文房具屋さんのどちらか。今日は福岡が地元のインキューブで買い物をした。

CARROZZERIA DEH-7100

そう言えば、紹介だけして性能面での印象を伝えてなかった。

音質

前のKENWOODのオーディオと比較すると音質は1段階は上がったように思う。LOUDNESSを入れてしまうと、ベースやバスドラは歪むというか大きく弾んでしまうが、そうでない限りは音が潰れることもなくきちんと音階として認識できる。ギターのリフも単音的な響きでなく和音として聴こえてくるので非常に満足している。

機能

やっぱり日本語表示は嬉しい。そして、前のKENWOODはオーディオ前面パネルで操作していたのだが、今回はリモコン付き。走行中にパネルをいじることはないので、リモコンがなくても良かったのだが、ふんぞり返ったままで操作できるのは便利だと思う。またCarrozzeriaにはMixTrackという機能がついている。プレイリストにある曲をランダムにクラブっぽく再生してくれる機能なのだが、ユーロビード世代の我々には嬉しい機能だと思う。

日本語表示以上に嬉しいこと

FM・AMともに感度が良くなったことは非常に嬉しい。通勤で長距離を移動していると電波の感度というのも一定ではなく良かったり悪かったりなのだが、Carrozzeriaにして悪いところが無くなった。明らかにノイズの減少があり、ラジオおじさんには嬉しい機能向上である。

ということで、格安・ブランドリッチ・ナビなしOKの人にはおすすめのカーオーディオと言っておこう