物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

パソコンの選び方とか


いろいろな人がパソコンの選び方をレクチャーしている

たまたまYouTubeを見ていたら、パソコンの選び方をレクチャーしている人がいて興味深く見ていたのだが、1分ほどでどうでも良くなった。多分、言ってることは正論だと思うのだが面白くない。ということで、私なりにパソコンの選び方を考えてみた。


かと言って、面白いわけではないので注意

私の場合、最初に来るのは見た目。Macがいいのか、Windowsでもどこのメーカーにするとか、ゲーミングPCがいいとか、Tabletでいいかもしれないとか。YouTubeでは「何をやりたいのか考えよう」と言っていたが、ゲーミングPCだからと言ってゲーム専用機というわけでもないだろう。あの近未来的な風貌を所有するかしないのか。Macの洗練されたデザインを持ちたいと思うかどうかではないだろうか。


次にやりたいことだ。やっていることではない。

例えば動画編集からYouTubeに投稿したいとすると、それなりのスペックが必要になってくる。パソコンは、扱っているうちにやりたいことが見えてくるものだ。最初から、メールとブラウザだけだからネットブックでいいやと思っていると後悔する。あくまで、将来何をやりたいかで考えるべきだ。何をやりたいのか分からない。。。という人はパソコンを買わないだろう。またゲームをしたいのにMacというのもちょっと違う。同じように、OfficeでマクロバリバリなMacというのも違う。そもそもソフトが揃ってなかったり、できることが制限されているからだ。


パソコンを買うのに必要なのは予算ではない。目標金額だ

予算10万円でMacを買いたいと思っても、消費是抜きなら買えるが消費税込みなら超えてしまう。整備済み品という手もあるが、パーマネントに売ってるものではないので、掘り出し物と巡り合うのは運だ。パソコンを買うのならお金はたくさん用意しておいたほうが良い。だいたい30万円ぐらいあるとかなり安心できる。


そうは言ってもお金がない人は

貯金しなさい。次にローンを組みなさい。次に自作PCにしなさい。その次に、「実はTabletで足りるんじゃないですか?」だ。もっとも自作PCに挑戦できる人はパソコンの選び方なんてのは人から教わらないだろう。意外とTabletというのは正解かもしれない。本当にメールとブラウザがあれば良い人は、そもそもパソコンである必要性は薄い。iPadのほうがグッと幸せを引き寄せると思う。


結論

YouTubeだったりブラウザを見てパソコンの選び方を考える人なんていないだろう。だって手元にパソコンがある確率が高いんだから。ま、他人のパソコンから見てるのかもしれないけどね。