物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

dマガジン

iPad Proはコンテンツ消費に向いている。特化させても良いぐらいだ。「これは!」というアプリを2つ紹介したい。

一つは「Amazon プライム ビデオ」

やんちゃな大人の男向けコンテンツが多いとは思うが、そのやや偏った傾向にある作品群にハマれるのであればおすすめだ。年1回のプライム会費を払えば見放題なのだ。プライム会員にはその他のサービスも付いてくるので、コストパフォーマンスはとても高い。戦争映画などがラインナップに入っているが、組織を動かす人には教養映画としても勉強になると思う。どんな目的をもってコンテンツに接するかということで価値は変化するものだ。

そして、もうひとつがこれ。

f:id:benzpapa:20170408223124j:plain

NTTドコモが配信している「dマガジン」

月額なにがしかの料金を払うと配信されている雑誌が読み放題。おすすめのポイントは「月額なにがしかの料金」だ。私は知らないのだ。兄のアカウントで購読していて、ガジェットを5台だったか登録が可能なので、私は事実上無料で読んでいる。兄にしても5台ものガジェットを使い分けることもなく、複数ガジェットで使えるのなら愛する弟にでも読ませたほうが無駄がないということなのだろう。デメリットは「恐らく」だが雑誌をローカルガジェットに保存できないので読むたびにサーバーとの通信が行われる。モバイルデータ通信で読んでいると、かなりのパケットを消費するらしい。私のiPad ProはWi-Fiモデルだし、自宅でしか楽しむことはないので問題ないのだが、セルラーモデルで購読する場合は通信環境に注意したほうが良いだろう。もうひとつ気をつけたほうが良いのは、配信専用コンテンツになっているので、紙媒体とは違うものであること。と言っても、どう違うのかを検証したことがないのでよくわからないが、ひとつだけはっきりしているのは女性のヌードはない。男性のヌードもないとは思うが、それも未検証である。月額一定額でこの雑誌のボリュームは相当にコストパフォーマンスが高い。無駄に雑誌にお金を費やすよりも、環境問題やコストを考えるとこういうコンテンツ消費の形もよかろう。仕事の感性を磨くという意味でも、このコンテンツはとても有効だと思うので、ぜひおすすめしたい。