物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

勝手に安倍昭恵さんの問題を推察する

あくまで私の勝手な妄想であって何の根拠もない。また誰の肩も持つ気はない。その前提で書いてみる。

まずは100万円の寄付問題。

籠池氏は昭恵夫人に100万円の講演料を払ったが、昭恵夫人はこれを辞退。籠池氏は一度出したものは戻せないと寄付金扱いにした。これなら今までの二人の証言に矛盾点はない。昭恵夫人はもらってないし寄付してない。返しただけだからである。籠池氏側は返してもらったのではない。返されたものを受け取れなかったから、寄付としてもらったのだ。万一寄付行為だとしても違法性はない。逆なら大問題だ。今までの説明と食い違うことが良くないというのならば、昭恵さんを首相夫人からクビにすればよいが、そんなことできるわけがない。

籠池氏側がその100万円を郵便局の振替依頼書にしたのは、籠池氏をはじめとする森友学園側が世間知らずだったということだ。普通に経理に明るい人ならば、あんなバカな真似はしない。あの証憑だと寄付金以外の経理処理はそもそも妥当な処理だ。ただ単に収入というだけで、それが売り上げなのか雑収入なのか寄付金なのかだけだ。学校法人の経理処理に明るくなのだが、税務署は寄付行為を気持ちよく認めてくれるのではないだろうか。昭恵夫人側も税務申告しているのならば話は別だが、それこそバカな真似というやつだ。

一番問題だと感じてるのは、昭恵夫人の国会証人喚問。双方の証言を取るみたいなことを言っているが、今の状態からすると昭恵夫人に「ない」という証明をさせるために国会に証人喚問するということになってしまう。ないことを証明することを悪魔の証明だ。籠池氏の証言とあの振替依頼書を元に「悪魔の証明」をさせるために証人喚問とは、正直な話、野党のうぬぼれであり暴挙としか思えない。誰でも証人喚問に引っ張ってこれる。私が、このブログで真相はこうだったと書いて証人喚問されるのと大きな違いはない。

ということで、今回の問題に国会で時間をかけることは甚だ腹立たしい。エゴの強い学校法人経営者に振り回されてているだけで、安部首相を引きずるために税金を投入するのであれば、もっと違うところに税金を使ってもらいたいと思うのだが、いかがだろうか。