物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

MacBook Proのお供に

f:id:benzpapa:20170225173528j:plain

Appleという会社は、大胆な決断をします。それを非難する人もいますが、アップル社の製品を買わなければ良いだけの話。私は全く気にしません。いずれ人が機械に慣れてしまうものです。ただし、資産を活かす意味で必要なものがあります。ちょっと前までメイン機だったMacBook Pro 2010 midから無くなったもの、そして無いと困るものが上の写真です。

左上の黒い箱はブルーレイディスクドライブです。もちろんMacBook Pro 2010にはDVDドライブが搭載されていますが、先代のMacBook Proから気持ちよく消滅しました。消滅しての感想は「特に困らない」なんですね。というのもMacBook Pro2010のDVDドライブは既に調子が悪くEJECTしたりしなかったり。PCそのものを再起動すると辛うじてEJECTしてくれます。いつも「二度と出てこなかったらどうしよう?」という恐怖感との戦いですが、PCに搭載されていなければ、そんな心配は無用。万一EJECTしてくれなくても、丸ごと買い換えればいいだけのことです。今となっては、そんなに高いものではありません。この外部ブルーレイディスクドライブは8000円ぐらいでした。

真ん中の2つのアダプタ。左側がUSB−CからUSBへのアダプタ。右側がUSB−Cから、USB−C、HDMI、USBのアダプタです。この2つのアダプタのおかげで、古いUSB資産が全て活きてきます。まだまだUSB-C対応周辺機器というのは充実感がないですね。

そして一番右の箱。1TBのHDDです。これはMacBook Proを持っていたら必須のTime Machine用。その他にもHDDは2台。2010midのTime Machine用と、写真のバックアップ用です。今時は64GBのUSBフラッシュメモリーが2,000円以下で買えますので、こういうHDD類も形を変えていくんだろうなと想像しますけど、コストパフォーマンスを考えると、今のところこれが賢い選択だと思います。

ということで、MacBook Proのお供たちでした(⌒▽⌒)