物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

TAKEO KIKUCHI 長財布

当ブログへようこそ。まだ文体を定めきれていません、「ですます調」でいくのか、「である調」が良いのかまだ悩んでいます。もうしばらくバラバラで投稿していきたいと思います。

さて、昨日は北九州市若松区の「ねこのじterasu」をご紹介しました。本当はカフェ散歩だけで終わらせるつもりだったのですが、実は財布購入散歩になってしまったのです。散歩で小倉の街を歩いていまして、地元の井筒屋というデパートに入りました。世の中は「そんなつもりじゃなかった」でできているというのが私の持論なのですが、本当に財布を買うつもりなんてなかった。

ということで TAKEO KIKUTCHIの長財布の紹介です。

 

f:id:benzpapa:20170218214129j:plain

色はネイビーです。濃い目の紺です。黒と茶もありましたけど、新鮮な感覚のネイビーが目に止まりました。革のネイビーだと遊び心が出すぎてしまうこともあるのですが、このネイビーは落ち着いています。万年筆のインクの定番、ブルーブラックの如くです。

f:id:benzpapa:20170218214403j:plain

今日まで使っていた財布を上においてみました。上の財布はL字ジップです。ジップは今の流行りですけど、L字というところが気に入って使っていました。U字ジップですと2回カーブを曲がりますが、L字ですと1回のカーブで済みます。またジップの距離も短いので、開くのに若干早くなります。ただし分厚い。収容能力もそこそこ高いんですけど、トレードオフで分厚さを受け入れなければなりません。そこが悩みどころだったのです。新しい長サイフは薄い!もう見た瞬間に「これだ!」と思うほどの薄さです。普通の長財布にあるフラップすら効率を考えてカットされています。

ただし、もう一つトレードオフが目を出してきます。収容能力の低下です。行き先で一番困ったのが運転免許証。ギリギリまでスペースを切り詰めた結果、カード入れの部分がキッツキツとなっています。そこで、入れやすさと運転免許証の状態を保持するためにここにしました。

f:id:benzpapa:20170218215005j:plain

分かりますでしょうか?ジップの中は本来小銭入れなのですが、そこに運転免許証を入れました。そのままですと運転免許証が汚れてしまいますので、薄いラミネートカバーに入れてます。

私が重視している厚さという機能性を切り詰めていながら、意外と安っぽさもなく、心に突き刺さりました。お値段、税込み10,800円。安!!と思いました。15,000円してたら買わなかったと思います。

いい買い物をしたと思いますが、やはりまた散財です。

春財布なので、これからいいことがあるでしょう!と、気持ちを入れ替えます。