物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

僕の考える自分愛

僕の自分愛指数は、100点満点中の100点です!

とにかく自分のことが好き。生まれ変わったら、もう一度自分がいいと思っています。辛いことや、不幸なこともたくさんありましたが、それもひっくるめて同じ親から生まれ、同じ友達に囲まれ、同じ土地に住むことを願います。失敗したけど、以前の嫁も大好きでした。僕が嫌われただけのことです。これまで僕の人生に登場してくれた人、ありがとうございます。これまでの人生の舞台になった土地に感謝します。こう考えますと、当たり前ですけど自分愛と自分ファーストは別物のように思いました。自分愛とは、周囲への感謝と周囲との調和の積み重ねの中で醸成されるものだと思います。つまり自分愛は他への愛と不可分なのでしょう。周囲への感謝と愛情の深い人は自分愛も深いのかもしれません。素敵な気付きですよね。

もうひとつ気付いたことがあります。

 

自分愛とは自分で感じるものだということです。思い込むものではないし、人から諭されるものでもないし、導かれるものでもない。自分愛の深さを知れば知るほど、自分愛が自然と語りかけてくれることを感じる。
ここで身の回りにもうひとつ、心で感じることで豊かになるものかあります。それは「幸せ」です。高級フランス料理も幸せを感じさせてくれますが、寒い冬のたい焼きにも幸せを感じます。幸せはボリュームや場面とは別なところで感じるものだと思います。自分愛と幸せは自らの心で感じる。これからもこのことを大切にしていこうと思います。

帰り道の2時間、こんなことを思いついて、とても有意義な時間でした。
考え事をしていても安全運転には気を配っていますよ!