物語の結末はいつもHappy End

ビジネスオンがメインだけどオフも有意義に過ごすことをコンセプトにしています

広告

死や寿命について(意外と暗くない)

私、老人ホームの経営に携わっております。

医療と福祉分野の人が普通の方よりも圧倒的に出くわす場面。

「死」

立ち上がって4年半になりまして、

有料老人ホームの平均在所年数は5.7年と言われていますので

そろそろ寿命を迎えられる方が多くなる時期です。

寿命を迎えるという覚悟を持ってお世話していますが、

その瞬間が来るというのは悲しいし寂しいものです。

また、

 

プライベートでも一昨年(2015年)から昨年(2016年)にかけて大切な人を多く亡くしました。

死に向かって覚悟を作れた人もいれば、

突然過ぎて受入れられなかったこともあります。

死は避けられません。

自分についても思うのですが、

できることならば、

寿命が尽きる日が来ることをグッと覚悟しておきたい。

それでも予測不可能なことが起こります。

昨年は自分の体内にガンがみつかりましたしね。

そんな中で頭に浮かんだ言葉が「丁寧に生きる」です。

「一生懸命に!」とか、

「後悔のないように!」そんな力の入り具合ではありません。

それって生き急いでいるようでしょ。

もっと楽に、もっと自由に時間を過ごしていきたい。

足早に観光地を沢山めぐるのではなく、

1箇所に長くとどまって時間の経過を感じるように。

時間とともに太陽の傾きが変わる。

時間とともに温度が変わる。

時間とともに風向きが変わる。

そういうことを感じながら生活することが、

私なりに「丁寧に生きる」ということかな。

もし明日が寿命の尽きる日であったら・・・

今日、やはり丁寧に生きる日でありたいと思います。

広告