読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

事業計画書をA4用紙1枚にする

事業計画のうち、損益計画と資金計画だけでA3用紙30枚から40枚ぐらいになる。これにパラメータをまとめた資料と、文章仕立ての事業計画書を付け、過去3期分の決算書を付けるとだいたい厚さ3cmぐらいの事業計画書が出来上がる。 融資担当者、審査担当者…

事業計画を書くコツを少しだけ

今まで数多くの銀行や投資家に対して事業計画を見てもらい、かなり多くの金額を集めてきた。200億円をはるかに超えているのは間違いない。多いか少ないかは置いといて、こんなことを書いて誰かを詐欺ろうとか考えているわけではないので安心してもらいたい。…

事業計画

事業計画とは絵に描いた餅である。紛れもない事実だ。そこで、本物の絵画を引き合いに出そう。絵画でも、よほどの才能があるか、練習を積み重ねなければ人の心に虜にすることはできない。事業計画も絵に描いた餅である以上、よほどの才能に恵まれるか練習を…

ゴールデンウィーク終了

今日でゴールデンウィークも終了。介護福祉の業界に携わっていると、ゴールデンウィークはほぼ関係ない。「ほぼ」というのは世間の気分がゴールデンウィークだったり、ところにより渋滞に巻き込まれて感じ取ってしまうからだ。介護の世界は通算5年目。正直に…

中国を考える

月末月初が忙しく、なかなか更新できなかった。ブログ投稿というのは僕にとって仕事ではない。よって、期限もなければ「早く書け!」と督促されることもない。書くことが大切だと思っているのだが、どうしても本業を優先せざるを得ない。ブログが本業なら、…

中国人

さて、中国人とはどういう人たちなのだろう?ということについて、私が受けた印象を率直に書いてみよう。全てに当てはまらないが参考にはなると思う。前の投稿と重なることもあるがご承知いただきたい。 1.声が大きい 常にフルボリュームである。それは会…

中国で活躍したグッズ:ひらくPCバッグmini

中国についてもう少し書きたいことがあるのだが、これは持って行って良かった的なものとしてバッグを紹介したい。 「ひらくPCバッグmini」である。これにはすぐに取り出しが必要なものを入れていた。着替えは別のバッグである。このバッグの最大の特徴は自立…

中国山東省寿光市:日本人

往復の飛行機は中国東方航空。ChIna East Airlineである。キャビン・アテンダントは中国人なので日本語はまるで通じない。英語も簡単なもの。我々に話しかけてくるのもほぼ中国語。「飲み物は何にする?」ぐらいは雰囲気でわかるが、こちらは英語で話すしか…

中国山東省青島→寿光市・・・食事編

中国へ視察旅行へ行ってきた。世の中の議員さんは仕事だと称して海外視察旅行をしているが、あれは「観光」だと思った。私の視察旅行も完全に観光。もちろん地元の医療関係者とのディスカッションと食事会のセッティングというのもあったが、それすら観光の…

悲劇からの復活:Apple Watch

形あるものは壊れる。そうApple Watchも壊れる。 どうしたら、液晶がこんな割れ方をするんだ!?この悲劇は、Apple Watchを腕に装着したまま昼寝している間に訪れた。 「ハァァァァァァぁぁぁぁぁあl?わけわからん!!!!」 液晶も割れたが、私の心も割れ…

【不定期シリーズ:本日の夕暮れ】2017年4月23日

今日は休日出勤。4月25日から中国出張のために、今のうちに働いておく。しかし、4月25日から中国は大丈夫なのか?やや不安だが仕事である。 今日の仕事は役所への提出物準備。5月1日が期限なので今のうちに完全に出来上がった状態にしておきたい。部下に加勢…

勇気とは

小学生からの質問シリーズ。 「先生、勇気って何?」 どう応えようかと考えているうちは、まだまだ半人前である。というのも、私は「勇気」を見たことがある。日常に「勇気」は溢れているのだ。あとは「勇気」と自分の中で認識するかどうか。

THULE Paramount BackPack

最初に言おう!これはいい! 色目は黒というより紺色。容量24リットル。収納ポケットが多くビジネスバックパックとしてはかなり使い勝手がいい。 裏面は仮面ライダーの腹筋のようなベンチレーションが備わる。肩ベルトにはチェストストラップも付いて、重い…

激しい雨

この春は豪雨が多い。今日も豪雨だ。 会社の裏の川。 この時期にしてはなかなかの水量である。 こんな日は家でおとなしく…できないのが日本人の性分なのだろう。 朝に出勤時にいつもの道が通行止めだった。乗用車とバスの事故で、バスは道を外れ田んぼに落ち…

【不定期シリーズ:本日の夕暮れ】2017年4月16日

少々物足りない写真だ。太陽か、もっと雲があればいいのだが、1年の大半の夕暮れ写真はこんなものだ。 シルエットは力強い。光が強ければ強いほどシルエットの存在感が増す。 今日、友人の1人が帰らぬ人になったと報せが届いた。私より7つほど若い。 早過ぎ…

仕事上の奇策

パーツを上手に組み合わせて、自分なりのスタイルを作り上げる。 こういう書き方をすると、仕事のことを言っているのか、ファッションのことを言っているのか分からないだろう。そう!仕事の組み立てと、ファッションの組み立てはよく似ているのだ。ここまで…

ただいま人助け中

人助けは報酬を求めない。レスキューが給料をもらうのは別だ。医者が給料をもらうのも当たり前だが別だ。一文の得にもならないものが人助けの大前提だ。一文の得になるのであれば、それはプロフェッショナルな仕事である。

進撃の巨人

18巻まで順調に読んでいたのだが、19巻から積読状態へ。先日、22巻が発売されたばかりであるので、丸々4巻を何処かのタイミングで読もうと企んでいたところだった。 今日、ようやくその思いが達せられた。ただし、19巻を読む前に18巻の復習をしなければなら…

四面楚歌になったら

四面楚歌になったら、私を頼りなさい。99%貴方が悪くても、1%の言い分があるんだったら私は貴方の味方をする。それで、討ち死にするかもしれないけど、一人で泣いていくよりも、二人で討ち死にするからさ。 そんな話をした。一人ぐらい味方が欲しいよね。…

メンタルやられたら

人間誰しも順調に世渡りできるわけではない。どちらかというと、順調でない人の方が多いと思う。ほぼ全員が苦境を乗り切っているわけだ。ある人がこう言った。「あなたの今があるのは、過去の苦境を乗り越えてきたからだ。今の苦境だって乗り越えられる」そ…

だらだらと「本当に大変なこと」

実は堅苦しい話ではない。 犬を買うのは大変だと言われる。散歩も連れて行かなきゃいけないし、うんちの世話もしなくちゃいけないし、ご飯もあげなきゃいけない。病気になれば病院だって連れて行く。小型犬を飼うと意外と衣装代もかかる。旅行だって制限され…

dマガジン

iPad Proはコンテンツ消費に向いている。特化させても良いぐらいだ。「これは!」というアプリを2つ紹介したい。 一つは「Amazon プライム ビデオ」

桜五景

午前中、母を連れて近くの高塔山へ登った。標高は120メートルほど。東京のスカイツリーや高層ビル群からすると、全くと言っていいほど有り難みのない高さだが、ここには高層ビルの最上階にはない自然がある。桜がちょうど満開であった。 夜桜見物に風情を醸…

曇り空の中の桜

桜が満開になってから雨続き。このまま散ってしまうのだろうか。 桜を撮り続けて25年になるが、満足のいく写真が撮れるようになったのは、この5年ぐらいだ。晴れた日の桜であれば時間と太陽光線の入ってくる方角だけ気にしていれば、そこそこ撮れてしまうの…

No

損切る勇気もそうだが、経営の一番大事な決断は「No」と言うことだ。

プロフェッショナルは有料

日本人は友だちだとなんでもただにしてもらえると思っている人が多い。そして、同じぐらいにこういう人がいる。 「A君!上手くいったらお金を払うよ。」

高級カメラの良いところ

カバンにはミラーレス一眼のNEX-5Rか、高級コンデジと言われるRX100Mark3が入っている。スマホ、特にiPhoneで十分にキレイな写真が撮れるご時世にカメラを持ち歩く必要があるのか? 「ある」 この写真は横浜の記事で投稿した写真だ。 そして鎌倉の大仏様の背…

信三郎帆布

かなりくたびれてしまったカバンがある。 味わい溢れると表現することもできるのだが、現実は見ての通りだ。

小倉城からの桜だより

昨日、兄を小倉駅に送る途中で小倉城に寄った。北九州市は城、それも天守閣を持つ城を抱える街である。 ちなみに現存天守は12城。

北九州市若松区 妙見かき小屋

福岡の冬の風物詩といえば牡蠣小屋だ。有名なのは福岡市の西に位置する糸島市と北九州市門司区の牡蠣小屋。しかし、そに2箇所だけでなく福岡県下には無数の牡蠣小屋が存在している。ということで春になってしまったが、私の地元、北九州市若松区脇の浦漁港近…

HYPER++DRIVE Thunderbolt 3 USB−C Hub(MacBook Pro 2016専用)

ブツが届いた。 HYPER++DRIVE Thunderbolt 3 USB−C Hub。MacBook Pro 2016を持っている人以外には、全く使えないHubである。なぜなら、MacBook ProのUSB-Cポートをダブルで占拠してしまうのだ。

ようやく桜も咲いてきた

兄が大阪から帰省するというので、JR小倉駅へお迎えに参上。 JR小倉駅北口のこの木だけ桜が咲いていた。 今日は少し暖かくなってきたので、明日にはもう少し咲くのだろう。

差別とは

私が小学生から中学生にかけて、福岡県北九州市は「差別をしてはいけない」という教育に熱心だった。いわゆる人権教育というものだ。しばらく時間をおいて30歳を過ぎて社内研修として人権教育を受けたのだが、ずっと一貫して分かりにくいオブラートに包んだ…

「好きにして良い」の落とし穴

上司や管理職が人間の大きなところを見せようと「この案件は好きにしてよい」と言ったとしよう。同じような言葉で「君に任せる」もあるが、理屈は一緒だ。

リーダーは放り出さない

リーダーはとにかく放り出してはいけない。今回はそんな話だ。 もうちょっと付け加えよう。「投げ遣り」とは違う。「投げ遣りな態度」とは辞書に「物事をいいかげんに行うこと。成り行きまかせにすること。」と書いてある。これでも良さそうだが、私が言いた…

楽しい仕事

小学生からの質問シリーズ。2回めにして最大にして最高の超難問である。 「先生、楽しい仕事を教えて。私、それになる」 どうするよ!?楽しく仕事をするのはどういうことなのかを考えながら答えた。今までの仕事は楽しかった。その経験を踏まえて驚くことを…

損切る勇気ーその2 雪崩事故について思う

以前にも「損切る勇気」という投稿をした。 www.happy-end.club 似て非なる話をしよう。この記事では「撤退すること」について書いたが「戻る勇気」とでも言おうか。

最後は訴えればいい

「パートナーシップが上手くいかなければ最後は訴えればいい」 少しずれている気がしなくもないが、こういうのをビジネスライクというのだろうか。そういう人に何人かあったことがある。私に向かって「裁判だ」と言った人も同類かもしれない。

ノロケなのでスルーで:好きな気持をいつまでも

先日の東京旅行。本来であるならば、現在の彼女さんと会うための東京行きであった。しかし、心の狭い私の愚行によりその予定は全てがご破算。

仕事は試事

黒船カンパニーの中村文昭氏の言葉である。 久留米に住んでいるときに一度講演会に足を運んだ。物事に取り組む姿勢のことを熱く語られていた。私は若手によくいうことがある。「仕事の不出来で怒られるのは仕方がない。次にきちんと仕上げればよいことだ。た…

Sakura Songは切なくて

(撮影地:北九州市若松区高塔山公園かっぱ地蔵) iPhoneには1,720曲が入っていて、そのうち約30曲のテーマが桜になっている。Sakura Songsというプレイリストを作っているので、この時期はヘビーローテーションだ。日本人は桜が好きな国民性だが、私も間違…

開花

福岡でも桜が開花したそうだ。しかし、私の住んでいる北九州の大方は、もう少し後のこと。北九州はお城もあるし公園も広い。桜の選択肢が多い。 上の写真は綺麗な風景だが火葬場の隣に位置する公園だ。その火葬場で親父殿は焼かれた。こういうシチュエーショ…

勝手に安倍昭恵さんの問題を推察する

あくまで私の勝手な妄想であって何の根拠もない。また誰の肩も持つ気はない。その前提で書いてみる。 まずは100万円の寄付問題。

物語の結末は「いつも」Happy End

こっそりとタイトルを変えた。 「意外と」は「期待していたよりも」であり、 「いつも」は「期待通り」ということだ。 いつも希望を捨てない自分でいたいと思う。

頑張る

以前、学習塾に努めていたことがある。小学生から高校生までを対象としていたが、楽しく自らのためになるのは小学生だ。小学生からいろいろな質問が飛んで来るのだが、先生というのは悲しくも厳しい職業なので回答しなければならない。一緒に考えるというこ…

beats by Dr.dre solo3 wireless

東京旅行のお供として大活躍のbeats by Dr.dre solo3 wireless 簡単にレビューをしてみよう。

Tokyo Power Spot

九州へ戻り、少し時間を置いて冷静な頭脳で東京を考えてみた。 今回の東京旅行は完璧であった。予定していたものも、それ以外のものも破綻することなく東京を満喫できた。天候、食、風景、人と全てにおいてそれは言える。

Good Loss

私が東京に行っている間に大きなクレームが2件発生していた。東京からメールとメッセージで指示を出す。さっき解決したとの報告を受けた。クレーム処理のやり方は人それぞれだが、私のやり方は社会人になってからのクレーム処理成功率は100%である。

約束

3泊4日の東京旅行は95%がプライベートで5%ぐらいがビジネス。気持ちの整理をつけに行ったつもりだった。これが最後かもしれないと思っての旅行だったが、待っていたのは未来だった。

ペテン師

ペテン師にあったことがあります。まず、ペテン師だと分かるのが大変なことですから、この事実だけでもかなり衝撃的なこと。詐欺師は詐欺師の顔をしないといいますが、ペテン師も自らをペテン師だと名乗りません。その方をY氏とします。全部、ペテンという前…