読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語の結末はいつもHappy End

仕事に関して大切にしていることを書いていこうと思います。それと、少しの季節と、少しの写真と、少しの北九州。

【不定期シリーズ:本日の夕暮れ】2017年4月23日

夕暮れ写真 Blog 写真

今日は休日出勤。4月25日から中国出張のために、今のうちに働いておく。しかし、4月25日から中国は大丈夫なのか?やや不安だが仕事である。

今日の仕事は役所への提出物準備。5月1日が期限なので今のうちに完全に出来上がった状態にしておきたい。部下に加勢を受けながら早めに目標まで到達させた。早めの目標到達は、自分へのご褒美のためである。この時期、福岡県中間市役所前の駐車場には鯉のぼりが空を舞う。どうしても見たかったのだ。

f:id:benzpapa:20170423202633j:plain

5時を少し回ったぐらいの時間。九州の夕暮れは関東のそれより30分遅い。その後、遠賀川を下流へ北上する。今日の目当ては福岡県芦屋町の夕暮れ。

f:id:benzpapa:20170423202852j:plain

ここは芦屋町の堂山である。九州の北海岸は太陽が海に沈む。この美しい風景が自宅から30分というのは本当に贅沢な環境だ。6時30分ぐらいの時間であるが、ここは夏でも夕暮れ時は涼しい場所。4月後半はまだ寒い。そして…ここで…まさかまさかのカメラのバッテリー切れOrz

寒いので帰ろうかと思ったが、もう一箇所回ってiPhoneで夕焼けを撮影した。

f:id:benzpapa:20170423203233j:plain

同じく芦屋町の夏井が浜はまゆう公園。駐車場からの夕暮れである。ここで夕焼けを見ると、明日から必要な元気タンクにチャージされるようだ。よし!寝るかな(^^♪

THULE Paramount BackPack

Blog 持ち物

最初に言おう!これはいい!

f:id:benzpapa:20170417205629j:plain

色目は黒というより紺色。容量24リットル。収納ポケットが多くビジネスバックパックとしてはかなり使い勝手がいい。

f:id:benzpapa:20170417205800j:plain

裏面は仮面ライダーの腹筋のようなベンチレーションが備わる。肩ベルトにはチェストストラップも付いて、重いものを入れて激しい動きをしてもバッグが不用意に揺れることはない。

f:id:benzpapa:20170417210025j:plain

上部はロールトップになっていて、ここからものを入れることができる。ロールトップなので荷物の量に応じて上に伸ばすことができる。

横から見た写真である。

f:id:benzpapa:20170417205936j:plain

登山用バックパックのようなガッツリ感はなく、非常にスマートな印象を与えてくれる。横にファスナーが2つ。背中側のファスナーはPCスリーブへのアクセス用。表側のファスナーはメイン収納部へアクセス用に設けられている。バックパックの性格上、下に入れた荷物が取り出しにくくなるのだが、このファスナーのお陰でメイン収納部のどこでも簡単に手が入る。そしてファスナーとファスナーの間にはグリップが付いている。バックパックは縦に長く引きずりやすくなるのだが、このグリップがあると横に持てるのでその心配がない。

f:id:benzpapa:20170417210500j:plain

表側に大きなポケットがあり小物類を効率的に収納できる作りになっている。ファスナーの中には鍵をつなげるストラップがあり、これも大変便利だ。

f:id:benzpapa:20170417210701j:plain

ここにもポケットがある。意外とクリアランスがあるので、長財布を入れてもパツンパツンになって見栄えが悪化することもない。

ブランドロゴも控えめ。ブランドロゴの下は蛍光テープなので夜間自転車に乗ったときでも後方車両から発見されやすい。またチラリと見える青いテープには自転車用のバックランプが装着可能だ。客先に持っていくのは気が引けても、通勤には積極的に使いたいと思えるデザインだ。

もう一度言おう!これはいい!

 

 

激しい雨

Blog

この春は豪雨が多い。今日も豪雨だ。

会社の裏の川。

f:id:benzpapa:20170417161738j:image

この時期にしてはなかなかの水量である。

こんな日は家でおとなしく…できないのが日本人の性分なのだろう。

朝に出勤時にいつもの道が通行止めだった。乗用車とバスの事故で、バスは道を外れ田んぼに落ち、乗用車の運転手は背骨を折って重症だとか。くれぐれも安全運転でいきたいものだ。

 

【不定期シリーズ:本日の夕暮れ】2017年4月16日

Blog 夕暮れ写真

f:id:benzpapa:20170416192153j:image

少々物足りない写真だ。太陽か、もっと雲があればいいのだが、1年の大半の夕暮れ写真はこんなものだ。

f:id:benzpapa:20170416192309j:image

シルエットは力強い。光が強ければ強いほどシルエットの存在感が増す。

今日、友人の1人が帰らぬ人になったと報せが届いた。私より7つほど若い。

早過ぎない。

生まれてから心臓に持病があり、入院手術退院を繰り返している。去年も大手術を受け、一時は家族全員が呼ばれるほどだった。これまでよく頑張ったと思う。

人は明日死ぬかもしれない。昨年胃ガンでこの世を去った友の言葉がある。

「今年の桜が最後だと思う」

ステージ4の告知を受けた時、死ぬもんかと思ったそうだ。しかし、次には

「子どもたちに何を残すか考えた」

人は死ぬ準備ができる生き物だ。もちろん他の動物も準備をするのかもしれない。しかし、長い時間をかけて死への準備ができるのは人間だけだ。その貴重な財産を無駄にしている人が多い。先送りにするなと言っているのではない。毎日を丁寧に過ごす。それだけのことだ。今年は藤の花を観に行こうと思う。私にとっての丁寧な過ごし方というのは、自分で決めたことを実行に移すこと。もちろん調和も考えながらである。本当は好きな人と一緒に行きたいと思うが、それは叶わないようだ。いつか実現するだろう。それまで丁寧に生きていきたい。

f:id:benzpapa:20170416194056j:image

仕事上の奇策

Blog お仕事

パーツを上手に組み合わせて、自分なりのスタイルを作り上げる。

こういう書き方をすると、仕事のことを言っているのか、ファッションのことを言っているのか分からないだろう。そう!仕事の組み立てと、ファッションの組み立てはよく似ているのだ。ここまで書いてしまったら、結論は出たも同然。

続きを読む